アクセス解析
レンタル掲示板
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

冬季ニジマス釣り場の概要と注意点のお知らせです。

 もうすぐ、二十四節気の寒露ですね。この時期になると秋の長雨も終わり、田畑では穀物の収穫が始まり、庭先に咲く菊と高く澄んだ青空が、とても印象的ですよね。秋の装いも濃くなりますから、皆様 体調の管理などご注意くださいませ。 

 さて、今年のニジマス釣り場は昨年と異なり10月8日から31日を前期、11月1日から12月末日(大晦日)までを後期として開催すると、先日 アナウンスさせて頂きましたが、前期と後期では放流するニジマスの種類と釣行可能なエリアが異なりますので、再度 概要と注意点をお知らせいたします。なお、チラシやブログでの情報でも ご不明な事案に関しましては、漁協へメールやお電話にて問い合わせ頂けると幸いです。



--- 遊魚料金の支払いについて ---
① 遊魚券は、冬季ニジマス釣り場 専用のものを 当日管理棟にて必ず購入して下さい。記載日のみ有効です。
② コンビニでの、冬季ニジマス釣り場 遊魚券の発行はありません。
③ 群馬漁業協同組合の年間遊漁券(年鑑/年券)をお持ちの方は、遊漁料金がお安くなっています。


--- [冬季ニジマス釣り場]のエリアについて --- 

① 冬季ニジマス釣り場 前期(10月)では釣り方によるエリアが設定されています。

   開催時間内に河川の右岸・左岸に立てられる赤い旗を結ぶラインより、釣り方によるエリア分けを行っていますので、チラシ上の河川地図からフィールド上の赤い旗を同定して頂けると幸いです。なお、11月から始まる後期につきましては、エサ釣り・ルアー・フライ釣りの区別はなくなります。開催エリア内を自由に動き回ってOKです。 詳細や目印は管理棟にてお尋ね下さい。

② 群馬漁業協同組合の管轄河川では、この時期でもサクラマス・ヤマメ・イワナを除く魚を釣る事が可能です。(要遊漁券)

   なお、開催エリアにて冬季ニジマス釣り場専用の遊漁券をお持ちでない場合、現場料金をご請求する場合があります。あらかじめご理解の程 お願い申し上げます。

   ※ 魚は生き物です。大人しく何時までもエリア内に居るとは限りません。エリア外に魚は必ず移動します。エリア外で寒ハヤなどを釣っていると、ニジマスが釣れてしまう事があると思いますが、管理棟発行の冬季ニジマス釣り場の遊魚券をお持ちの方は、エリアの内側・外側を釣る事が可能ですが、冬季ニジマス釣り場遊魚券をお持ちにならない方は、濃密放流を行なうエリアには入れません。


--- ブログにおける 日々の釣果 ---
 
① 基本的には、当日の釣果を 組合長が夕刻にてUP致します。ただし、翌日の午前にずれ込む事もあります。
② 釣果の写真は、見栄えの良いものになるとは限りません。釣果数の証拠として用います。
③ 釣行終了時や釣行の最中に『釣果の写真を・・・』とお声掛けさせて頂く事があります。予めご容赦 願います。


--- その他 ---

 期間中は様々なイベントが周辺で行なわれます!毎年、周辺にお住まいの方やイベントへ参加される方々との駐車トラブルが度々起きています。多くの場合 『何のイベントの 誰が切っ掛けだったのか』を 言い争う事になるのですが、お互い公共の場を借りている認識のもとおいて、わざわざ 自分からトラブルの原因になる必要は無いですよね。

 どうぞ みなさま 駐車マナーに関して 春の放流同様 格段のご協力のほど よろしくお願い申し上げます。

 ※お願い※
 たくさんの方々に「ハコスチ」の引きを楽しんで頂けるよう、大型魚はひとり1日2尾までのキープとして頂けると幸いです。


前期 エリア等のチラシ
H28冬季前期

後期 エリア等のチラシ
H28冬季後期


スポンサーサイト

2015.06.18 6月15日に行なった利根川アユ放流について

6月15日に行なった利根川アユ放流について

利根川・渡良瀬川・その他管轄する小河川へ、県内外より多くの方にご来釣を賜り 誠にありがとうございます。

サクラマスや戻りヤマメで利根川にお越しになられて居る方はご存知のとおり、6月に入っても10度~12度付近の水温が続き、アユの放流に適さない状況が続いていた為に、中々放流に踏み切れなかったのですが、先週あたりから水温や水位の安定が見られ、アユを利根川へ放流する運びとなりました。

ただ、当初の予定していた松林への放流なのですが、計画を立てたときより川原への進入路が思いのほか荒れていて、放流車輌が川の近くまで行けず、また、川面までの段差も大きくなっていた為に、放流に参加した理事と協議を行なった結果、『荷台の生簀に居るアユの状況を加味すると、今回は流れの速い所より、流速が飼育池に似た浅く広い場所への方が良いのでは?』という事になり、松林より僅かに下流の冬季ニジマス釣り場左岸管理棟跡の前と、対岸にあたる右岸の浅瀬2カ所へ放流いたしました。

当日の朝には池で泳いでいた魚ですので、自然の環境に放たれたアユが少しでも居付くいてくれることを祈るばかりなのですが、放流したアユや天然遡上アユのハミ痕なども適宜確認しながら、写真等でお伝えできればと思っています。

群馬漁業協同組合 代表理事組合長 大嶋進一

放流当日の様子から。。。。 (利根川右岸 大渡教習所 上流にて)
P6150202 利根川大渡橋右岸上流アユ放流撮影.jpg

P6150201 教習所右岸上流アユ放流ー1.jpg

2015.05.21 こども釣り教室の様子はクローズさせて頂きました。

こども釣り教室の写真ですが、23日午後3時を持ちましてクローズとさせて頂きました。 

ご参加頂いた方やご家族から頂いたご意見やご要望は、来年度の釣り教室への検討課題とさせて頂きます。
貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございました。

5月23日 午後3時30分


5月17日に行なった平成27年度 こども釣り教室の写真を公開しました。

せんじつの、つり教室には沢山の方に、ご参加いただき誠にありがとうございました。当日、組合員が釣りや掴み取りの様子を写真に収めていましたので、ピンボケや強い逆光写真を除いて、Yahoo Boxにて公開させて頂きます。← クリックで新しい画面が開きます。

写真には釣り教室に関係のない人々など様々な人や物が映りこんでいます。公開の是非について悩んだのですが、期間限定にて公開させて頂きますね。また、一部の参加園児については、将来の為に画像処理を行ないました。TVの入浴剤のCMや公園で水遊びをする女児を写さない理由と同じですので、どうぞご理解の程、よろしくお願い致します。

公開期間は、今週の23日(土曜日)の夕方までです。また、つり教室の写真公開や当日の運営について、ご意見・ご要望がございましたら、組合までお電話を頂くか、右側にあるメールフォームからご意見を、お送り下さいますよう お願い申し上げます。


DSCF6070 コピー


[ 2015/05/21 ] ●ぐんぎょ便り | TB(-) | CM(-)